トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯にならないための治療へ » 虫歯を治す治療から、虫歯にならないための治療へ

虫歯を治す治療から、虫歯にならないための治療へ

虫歯にならないための治療へ

当院が大切にしていることは、健康な歯をそのままの状態で長く維持していくことです。

日本歯科医師会と厚生労働省が1989年(平成元年)から推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動が「8020(ハチマルニイマル)運動」です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるといわれています。これは「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めた運動です。

しかし実際には、現在でも80歳で残っている自分の歯の数は、平均7~8本にとどまっています。また、歯を失う原因ともなる歯周病については、成人の80%、なんと5人のうち4人が罹患しているという統計があります。

虫歯で戻ってくる患者さまをなくしたい虫歯にならないための治療へ
せっかく虫歯を治すことができたのに、数年経ってから再び同じところが虫歯になってしまい、当院に戻ってくるケースがありました。

治療後のメンテナンスができていないために、同じ治療をする。しかし、虫歯の治療を重ねると、削られるために歯が小さくなってしまいます。こうした経験から、予防歯科の大切さを痛感し、本格的に虫歯・歯周病の予防とメンテナンスを始めることとしました。

「プロフェッショナル」の熊谷崇医師に共鳴
2014年10月にNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた山形県酒田市の日吉歯科診療所の歯科医師、熊谷崇先生は、約25年にわたって口腔二大疾患であるう触(虫歯)と歯周病の発症予防・再発予防・最小侵襲治療を実践してきたことで知られています。

また、熊谷先生はオーラルフィジシャン育成セミナーを運営し、広く人材を育てようとしています。その方針は「検査に基づく治療計画を立てること」「患者さまの口腔内を生涯にわたって疾患の発症と再発を予防すること」です。

当院の院長はこの考えに共鳴し、熊谷先生のセミナーに参加。5年ほど前からその経験を治療方針の主軸として据えています。


トップへ » 当院の治療方針 » 虫歯にならないための治療へ » 虫歯を治す治療から、虫歯にならないための治療へ



TOPへ