トップへ » 当院が選ばれる理由 » 再治療の心配がない » 当院の根管治療について

当院の根管治療について

再治療の心配がない根管治療をする際には再発を防ぐためにも、歯の根の先までしっかりと除菌し、すきまなく充填材を詰める必要があります。そのためにはまず、その患者さまの根管はどのくらいの長さがあるのか、きちんと把握しておかなければなりません。

歯の根は真っ直ぐではないので、当然中心を通っている根管も湾曲しています。その長さを正確に測るため、当院ではまず根管長測定器を使って、歯の根の長さを測定してから治療に入ります。

根の治療が終わり、根管充填といって最終的な薬を詰めた後、小さなレントゲン写真を撮り、しっかりと根の先まで薬が詰まったことを患者さんに確認していただきます。

根の治療が終わり土台の型を撮る前に 再度う蝕検知液を使って、虫歯がすべて取り去れているかをチェックします。こうしたていねいな作業で、再発のない確実な治療を目指します。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 再治療の心配がない » 当院の根管治療について



TOPへ