トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くない治療 » 虫歯のメカニズムと治療法

虫歯のメカニズムと治療法

虫歯はその進行状態によって、CO~C4までの5段階に区分されています。各段階によって、治療方法にも違いが出てきます。

痛くない治療●CO(シーオー:初期う蝕・要観察歯)
歯の表面だけが溶かされたごく初期の虫歯状態で、まだ穴は開いていません。フッ素とキシリトールで歯を再石灰化を促すことで治療できます。

痛くない治療●C1(エナメル質う蝕)
歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態です。まだ痛みは感じませんが、このまま放置すると症状がどんどん進行してしまいます。菌に浸蝕された部分を削って、充填剤を詰めるという治療を行います。

痛くない治療●C2(象牙質う蝕)
虫歯の菌が、エナメル質の下にある象牙質にまで達した状態です。まだ痛みを感じませんが、食べ物や飲み物がときどき染みることがあります。菌に浸蝕された部分を削って、歯の型を取って作った冠をかぶせる治療を行います。当院ではこの段階から麻酔を使って治療しています。

痛くない治療●C3(神経まで達したう蝕)
虫歯が歯の根管を通っている神経にまで達した状態です。痛みを感じるだけでなく、歯髄炎や歯根膜炎を起こしているケースもあります。麻酔をしてから歯を大きく深く削り、歯の型を取って作った冠をかぶせる治療を行います。場合によっては、神経を抜き取らなければなりません。

痛くない治療●C4(残根状態)
すでに歯の根しか残っていない状態です。神経が死んでしまっているので、痛みはそれほどありません。しかし、放置されると根の先に膿がたまったり、歯肉が腫れたりして痛みが出るようになり、更に放置されると抜歯になることもあります。虫歯菌が血管を通って心臓や腎臓にトラブルを引き起こすケースもあります。ほとんどの場合、残念ながら抜歯するしかありません。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くない治療 » 虫歯のメカニズムと治療法



TOPへ