トップへ » 当院が選ばれる理由 » 永く歯を保つ秘訣 » 歯周病の進行具合と治療方法について

歯周病の進行具合と治療方法について

歯周病の症状は人によってさまざまですが、大まかに3段階に分けられます。症状の進行具合によって、治療法も変わってきます。

永く歯を保つ秘訳軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まり、周囲に炎症を起こし始めた状態です。場合によっては、歯肉から出血が見られることもあります。

当院では歯垢のクリーニングに加え、超音波スケーラーを使って頑固な歯石を壊して除去。軽度歯周病なら、数回のクリーニングとブラッシング指導で完治します。

永く歯を保つ秘訳中等度歯周病
炎症がひどくなり、出血や口臭もかなり目立ってきた状態です。歯を支えている骨が後退し始めるので、歯がぐらついてきます。ここまで症状が進むと、まず歯周ポケットなどの検査を行わなければなりません。

治療としては、歯石を取り除いてから歯根の表面をなめらかに仕上げるSRP(スケーリング・ルートプレーニング)と呼ばれる施術を行います。歯周病の治療には、この歯根部をなめらかにするルートプレーニングが欠かせません。歯石を取ったあとの歯根部がでこぼこだと、歯垢がつきやすく虫歯などの原因になってしまいます。

中等度歯周病では、場合によっては外科的な処置が必要になることもあります、また、症状が改善してからも定期的に、出血の状態などを確認するメンテナンスが必要です。

永く歯を保つ秘訳重度歯周病
歯肉が真っ赤に腫れて化膿し、歯もぐらぐらになってしまった状態です。ここまで進行してしまったら、外科治療が必要となります。また、場合によっては抜歯しなければなりません。

まず、1本の歯に対して6か所の歯周ポケットをチェックする精密検査で口腔内の状態を確認。その後、フラップ手術と呼ばれる外科治療を行います。細菌が心臓や腎臓に影響を与えていることもあるので、全身疾患との絡みも視野に入れて治療しなければなりません。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 永く歯を保つ秘訣 » 歯周病の進行具合と治療方法について



TOPへ