トップへ » 当院が選ばれる理由 » 永く歯を保つ秘訣 » 永く歯を保つ秘訣!歯周病治療にも力を入れています

永く歯を保つ秘訣!歯周病治療にも力を入れています

永く歯を保つ秘訳

歯周病が進むと、歯が抜けてしまうことも。歯周病になってしまったら、できるだけ早く治療を受けることが大切です。

歯周病は、歯垢(プラーク)の中の細菌が原因で、歯の周囲に炎症を引き起こす病気です。炎症は歯肉にとどまらず、骨にまで及び、骨が吸収され・溶かされてしまう病気です。口臭の原因にもなりますし、症状が進行すると歯が次第にぐらついてきて、ひどくなると抜けてしまうこともあります。

30代の7~8割が歯周病にかかっていると言われています。
当院でも、外科的な処置を毎日のように行っています。歯周病には至らなくても、歯肉になんらかのトラブルを抱えている方は多いのではないでしょうか。

歯周病の治療は、できるだけ早いうちに
歯周病の一番の治療は、原因となっている歯垢(プラーク)や歯石を取り除くこと。軽度の歯周病であれば、それだけで症状が改善します。お口の中に違和感を覚えたら、すぐにでも歯科医院を訪れるようにしましょう。

症状が進むと、歯垢や歯石を取るだけでは済まず、歯茎を切開しての治療などが必要になってきます。そういった治療は、身体的にも金銭的にも大きな負担になります。大切な歯を守るためにも、できるだけ早く治療を受けることが大切です。

歯周病の予防のためにもメンテナンスをメンテナンス
歯周病になってから治すより、できるだけ歯周病にならないよう心がけたいものです。でも、毎日歯みがきをしていても、ブラッシングの仕方が間違っていたら、歯周病の原因となる歯垢を取り除くことはできません。当院では歯周病予防のためにも、正しいブラッシング指導を行っています。

また、歯垢は歯ブラシの届きにくい歯肉の裏側に溜まります。歯周病になってしまった経験のある方はもちろん、それ以外の方でも、できれば3ヶ月に1度はメンテナンスを受けるのがベストです。歯科医院では、毎日の歯みがきでは取れない歯石の除去や、歯根のクリーニングを行っています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 永く歯を保つ秘訣 » 永く歯を保つ秘訣!歯周病治療にも力を入れています



TOPへ