トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 将来のことを考えた治療

将来のことを考えた治療

インプラントインプラント治療は、患者さまのお体にとっても金銭的にも負担が大きいものです。そういった困難を乗り越えてインプラント治療を行っても、トラブルが出てきてしまっては元も子もありません。インプラント治療には先々までのことを考えた万全の準備が必要なのです。

インプラントを希望される患者さまには、まずしっかりとカウンセリングをおこないます。CT撮影を行い、口腔内や骨の状態をしっかりと調べて、診査・診断・治療計画を立て最善のインプラント治療をご提案しています。患者さまご自身が納得されて治療を受けるのが一番なので、決して無理にお薦めすることはありません。

また、先々のトラブルをできるだけ防ぐためにも、精度の高い治療を心がけています。そのため、シムプラントやピエゾサージェリーといった最新機器を導入。患者さまの状態によっては、事前の外科的処置をお薦めすることもあります。

【事前の外科的処置の例】FGG(遊離歯肉移植術)
歯が抜けてしまうと、その部分の骨や歯肉も失われてしまいます。そういう部分に土台を埋め込んでも安定しないので、トラブルの原因になってしまいがちです。でもインプラント治療が不可能なわけではありません。

インプラント治療を行う以外の部分から、歯肉を移植する方法がFGG(遊離歯肉移植術)です。骨のかけた部分を骨補填材などで埋めて、その上に歯肉を移植することで、土台をしっかりと支えられるだけの環境を作っていきます。

※歯は通常堅い角化した歯肉から生えています。これはブラッシングしやすくしたり、炎症が深部に進行しない為に必要なもので、インプラント周囲にない場合に、移植を行う場合もあります。

【事前の外科的処置の例】GBR(骨再生誘導療法)
GBR(Guided Bone Regeneration)法は、日本語でいうと「骨再生誘導療法」です。なかには、インプラントの土台を支えられるだけの、充分な骨量のない患者さまもいらっしゃいます。そういったケースで、骨組織の再生を促して骨量を増やす治療法です。

骨の厚みが充分にないと、インプラントの土台の先が骨から出てしまいます。そこに細かく砕いた自家骨や、骨補填材を置いて人工膜で包むことで、骨を再生させて厚みを増やしていきます。ほとんどの場合、施術から半年くらいでインプラントが行えるようになります。

CGF再生療法との併用
顎部分の骨が薄い方に対して、CGF(再生療法)を併用させて行うインプラント治療です。CGF(Concentrated Growth Factors)とは、専用の遠心分離器を使って患者さまから採取した血液を遠心分離させて生成した「フィブリン」と、傷の治療に有効な血小板、成長因子を濃縮させたゲル状のものを指します。

日常で怪我をして出血した時に、血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンが形成され、傷口を塞ぐのと同じ原理です。インプラント治療においては、骨が薄く不足している部分にこのCGFを填入させたり、患部の骨の周辺を膜状にしたもので覆い骨再生を促したりして治療します。

もともとが患者さまご自身の血液から生成させたものであるため、アレルギーや感染のリスクも少なくより安全で身体に負担の少ない治療が望めます。

<治療の流れ>
・施術当日に患者さまから血液を採取(10~40cc程度)します
・専用の遠心分離器により、採取した血液からCGFを作製(15分程度)します
・インプラントの埋入に合わせて患者さまの血液から生成したCGFを填め込みます


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 将来のことを考えた治療



TOPへ