トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 予後を見据えたインプラント治療。正確な診査と診断にもとづく、無理のない治療計画。

予後を見据えたインプラント治療。正確な診査と診断にもとづく、無理のない治療計画。

インプラント

インプラントは、失った歯をただ補うための技術ではありません。当院では健康な歯によけいな負担をかけない、先々のことまでを見据えたインプラント治療をお薦めしています。

インプラント治療はまだ比較的新しい技術ですが、最近では知っていらっしゃる方も多くなりました。でも、「インプラント=歯がなくなったところを補う治療」と思っていませんか。実はインプラントは、歯を失わないための治療なのです。

お口の中にはたくさんの歯が並んでいます。その1本か2本がなくなったくらいで、食事ができなくなってしまうことはありません。歯のない状態に慣れてしまえば、問題なく食事もできるようになるのです。

抜けた歯があると、健康な歯にもダメージが
数本の歯がない状態でも食事はできるのですが、実は、一部の歯がなくなった分だけ、ほかの歯に負担がかかっています。そんな状態が長く続けば、健康な歯が知らず知らずのうちにボロボロになってしまいます。気がついたときには総入れ歯ということにもなりかねません。

また、抜けてしまった歯は、部分入れ歯やブリッジでも補えます。しかし、ブリッジを入れるには健康な歯を削らなければなりません。部分入れ歯でも、健康な歯にクラスプと呼ばれるバネをかけて支えるので、やはりほかの歯に負担がかかってしまいます。

インプラントとはインプラント
歯が抜けてしまったところを補うため、あごの骨に土台となるチタン製の歯根を埋め込み、その上に新しい人口歯や義歯を取り付けるのがインプラントです。

義歯を支えているのはあごの骨なので、ほかの健康な歯に負担がかかりません。だからこそ、当院では「歯を失わないためのインプラント」をお薦めしているのです。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント » 予後を見据えたインプラント治療。正確な診査と診断にもとづく、無理のない治療計画。



TOPへ