トップへ » 治療について » 審美歯科 » 【当院の主な審美歯科メニュー】ラミネートベニア

【当院の主な審美歯科メニュー】ラミネートベニア

審美歯科ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り取って、そこにつけ爪のようなセラミックのチップを貼り付ける治療です。歯の隙間が気になる場合は、チップを大きめにして隙間を隠すことができます。また、歯の色調が悪い、多少歯並びに問題がある場合に、余り歯を削らずに治療することが可能です。

<メリット>
・歯を削る量が少なくて済む
・ホワイトニングにくらべて、色調の後戻りがない
・矯正治療を行わず、歯並びの乱れを短期間で治すことができる

<デメリット>
・チップが薄いので、希望の色を出すのが難しい
・チップが薄いので、割れてしまうことがある
・接着剤で装着しているので、剥がれることがある
・歯茎が下がってくると、天然の歯の部分が見えてしまうことがある


トップへ » 治療について » 審美歯科 » 【当院の主な審美歯科メニュー】ラミネートベニア



TOPへ