トップへ » 治療について » 小児歯科

小児歯科

小児歯科

乳歯の虫歯が、やがて生えてくる永久歯にまで影響を与えることもあります。お子さまの健やかな成長のためにも、お口の中の状態をこまめにチェックしておきたいものです。

成長途中のお子さまにとって、歯はとても大切なもの。そのうちに生え替わる乳歯であっても、虫歯を放置しておくと、永久歯にまで影響を与えてしまいます。お子さまだからこそ、こまめなチェックやメンテナンスが必要なのです。

ただ、「歯医者は怖い」「歯医者は痛い」というイメージをもつお子さまも、たくさんいらっしゃいます。それで歯科医院から足が遠のいてしまったら、健康な成長は望めません。お子さまに安心して治療を受けていただくために、当院ではさまざまな工夫をしています。

お子さまに安心して治療を受けてもらうために
一度「歯医者は怖い」と感じてしまったお子さまは、一生歯医者嫌いで苦労することになるかもしれません。当院では、お子さまに無理な治療は致しません。初回診療ではリラックスしてもらうことを重視して、治療を行わないこともあります。

また、お子さまに信頼していただくためにも「歯医者の治療は痛くない」とはいいません。保護者の方にも「痛くないから」とはいわないようお願いしています。そのかわり治療が終わったときには、「よく頑張ったね」と褒めてあげるようにしています。
 

お子さまが安心できる空間づくり

小児歯科当院では、小さいお子さまにもリラックスしていただけるよう、キッズスペースを用意しています。キッズスペースには、おもちゃや絵本などがいっぱい。楽しい気分のまま治療に臨んでいただけるよう、スタッフ一同心がけています。

キッズスペースは、保護者の方の治療の際にもお使いください。目が離せない乳児をお連れの場合、保護者の方の治療中には衛生士が責任をもってお子さまをお預かりします。

お子さまに多い歯のトラブルを早期発見

小児歯科乳歯は永久歯にくらべてとても柔らかいので、虫歯になりやすく進行も早いものです。初期の段階では痛みもないので、ご家族であってもなかなか気づくことができません。でも、ひどくなる前に治療をしたほうがいいのは自明の理です。

当院ではとくにお子さまの場合、どんな小さな異常も見逃さない精度の高い診断を心がけています。保護者の方でも気づかないような歯のトラブルを、早期に発見して対処。お子さまの健やかな成長をお守りします。

残念ながら症状が進行して、外科的治療が必要になることもあります。そんなときにはレーザーを使い、なるべく痛みを感じさせない治療を行っています。また、当院で対処できないような重度の症状には、信頼できる専門医院をご紹介しています。

お子さまによくある重度の症状

小児歯科すきっ歯(正中離開)の治療
お子さまの前歯を眺めたとき、歯と歯の間に隙間ができていませんか。あるいはサ行の発音がしづらいといった症状はありませんか。これは「正中離開」、いわゆるすきっ歯です。

すきっ歯は、顎と歯の大きさが合っていないときや、上唇小帯付着異常や、歯が全部生えそろっていないときに起こります。僅かな隙間なら、小帯の一部をレーザーで切り離したり、歯の間にレジンを詰めるといった簡単な治療で、すぐに治すことができます。

舌足らず(舌小帯強直症)の治療小児歯科
舌小帯とは、舌の裏側の真ん中に通っている筋のこと。舌を動かすためには大事な筋ですが、舌の先端や歯の生え際近くまでつながっていると、舌が上手く動かせません。サ行やラ行がうまく発音できず、いわゆる舌足らずなしゃべり方になってしまいます。

舌小帯強直症かどうかを確認するのは簡単です。舌を出したときに、舌の先が歯よりも前に出せるなら問題はありません。もし舌が歯よりも前に伸びないようだと、治療が必要になります。

軽度の舌小帯強直症なら、舌小帯の一部をレーザーで切り離すだけで治ります。舌小帯強直症は言葉が舌足らずになるだけでなく、重度になると食べ物が上手く飲み込めず成長の妨げになることもあります。もし不安を感じたら、すぐにご相談ください。


トップへ » 治療について » 小児歯科



TOPへ