トップへ » 治療について » 予防歯科

約8割の患者さんが定期健診を受診。問題を早期発見。

予防歯科

患者さまにとっては、虫歯や歯周病にならないことが一番。そのためにもトラブルを早期発見できる3ヵ月ごとの定期健診をお薦めしています。

当院では歯周病治療に力を入れています。でも患者さまにとっての最善は、歯周病にならないこと。また、歯周病の治療を受けて完治しても、メンテナンスを怠るとまた元の状態に戻ってしまいます。そのためにも、できる限り定期的なメンテナンスを受けていただけるようお薦めしています。

歯周病の細菌の温床となる歯石は、ついてから半年経つと硬くなり取れにくくなってしまいます。硬くなった歯石を取るときには、歯の表面が傷ついてしまうことも。歯石が柔らかいうちに取るには、3ヵ月ごとのメンテナンスが必要です。


歯は治療すればするほど悪くなります

予防歯科虫歯の治療では、悪くなってしまった部分を削り取ります。そして、削られた部分の歯は、残念ながら二度と再生することはありません。つまり、治療を受ければ受けるほど、歯はダメージを負ってしまうのです。

当院では削る部分を必要最小限に抑えてはいますが、それでも治療のたびに少しずつ歯はなくなっていくことに変わりはありません。治療を必要としない状態でいるためには、やはり定期健診など歯科医院でのメンテナンスが重要です。

一生、美味しいものを美味しく食べるためにも、予防を重視していただきたいと思っています。

【当院のおもな予防歯科メニュー】スケーリング

予防歯科スケーリングとは、歯の表面から歯垢(プラーク)や歯石を取り除くことです。スケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、歯科医師や衛生士が行います。

歯垢や歯石は、歯茎に隠れている歯の根元にもつきます。これは毎日のブラッシングではなかなか取り除くことができません。歯垢や歯石が溜まると、虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。

【当院のおもな予防歯科メニュー】PMTC

予防歯科PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略。日本語でいうと「プロの専用機器を使った歯の掃除」。毎日のブラッシングでは落としきれない歯の汚れを、歯科医院できれいにしてもらうことです。

歯ブラシが届かない部分などについた歯垢や歯石を取り除くことで、虫歯や歯周病の予防に繋がります。クリーニング時の痛みもありませんので、安心して施術を受けていただけます。

【当院のおもな予防歯科メニュー】フッ素塗布

予防歯科歯を保護して虫歯になりにくくする効果があるフッ素。最近は、フッ素を配合した歯磨き粉やうがい薬もたくさん市販されています。お使いの方も多いのではないでしょうか。

では、歯科医院でのフッ素塗布は何が違うのかといえば、フッ素の濃度です。市販品よりも濃度が高いフッ素を使い、メンテナンスの際に歯の表面にていねいに塗布しています。


トップへ » 治療について » 予防歯科



TOPへ