トップへ » 治療について » インプラント

予後を見据えたインプラント治療。正確な診査と診断にもとづく、無理のない治療計画。

インプラント

インプラントは、失った歯をただ補うための技術ではありません。当院では健康な歯によけいな負担をかけない、先々のことまでを見据えたインプラント治療をお薦めしています。

インプラント治療はまだ比較的新しい技術ですが、最近では知っていらっしゃる方も多くなりました。でも、「インプラント=歯がなくなったところを補う治療」と思っていませんか。実はインプラントは、歯を失わないための治療なのです。

お口の中にはたくさんの歯が並んでいます。その1本か2本がなくなったくらいで、食事ができなくなってしまうことはありません。歯のない状態に慣れてしまえば、問題なく食事もできるようになるのです。

抜けた歯があると、健康な歯にもダメージが
数本の歯がない状態でも食事はできるのですが、実は、一部の歯がなくなった分だけ、ほかの歯に負担がかかっています。そんな状態が長く続けば、健康な歯が知らず知らずのうちにボロボロになってしまいます。気がついたときには総入れ歯ということにもなりかねません。

また、抜けてしまった歯は、部分入れ歯やブリッジでも補えます。しかし、ブリッジを入れるには健康な歯を削らなければなりません。部分入れ歯でも、健康な歯にクラスプと呼ばれるバネをかけて支えるので、やはりほかの歯に負担がかかってしまいます。

インプラントとはインプラント
歯が抜けてしまったところを補うため、あごの骨に土台となるチタン製の歯根を埋め込み、その上に新しい人口歯や義歯を取り付けるのがインプラントです。

義歯を支えているのはあごの骨なので、ほかの健康な歯に負担がかかりません。だからこそ、当院では「歯を失わないためのインプラント」をお薦めしているのです。

将来のことを考えた治療

インプラントインプラント治療は、患者さまのお体にとっても金銭的にも負担が大きいものです。そういった困難を乗り越えてインプラント治療を行っても、トラブルが出てきてしまっては元も子もありません。インプラント治療には先々までのことを考えた万全の準備が必要なのです。

インプラントを希望される患者さまには、まずしっかりとカウンセリングをおこないます。CT撮影を行い、口腔内や骨の状態をしっかりと調べて、診査・診断・治療計画を立て最善のインプラント治療をご提案しています。患者さまご自身が納得されて治療を受けるのが一番なので、決して無理にお薦めすることはありません。

また、先々のトラブルをできるだけ防ぐためにも、精度の高い治療を心がけています。そのため、シムプラントやピエゾサージェリーといった最新機器を導入。患者さまの状態によっては、事前の外科的処置をお薦めすることもあります。

【事前の外科的処置の例】FGG(遊離歯肉移植術)
歯が抜けてしまうと、その部分の骨や歯肉も失われてしまいます。そういう部分に土台を埋め込んでも安定しないので、トラブルの原因になってしまいがちです。でもインプラント治療が不可能なわけではありません。

インプラント治療を行う以外の部分から、歯肉を移植する方法がFGG(遊離歯肉移植術)です。骨のかけた部分を骨補填材などで埋めて、その上に歯肉を移植することで、土台をしっかりと支えられるだけの環境を作っていきます。

※歯は通常堅い角化した歯肉から生えています。これはブラッシングしやすくしたり、炎症が深部に進行しない為に必要なもので、インプラント周囲にない場合に、移植を行う場合もあります。

【事前の外科的処置の例】GBR(骨再生誘導療法)
GBR(Guided Bone Regeneration)法は、日本語でいうと「骨再生誘導療法」です。なかには、インプラントの土台を支えられるだけの、充分な骨量のない患者さまもいらっしゃいます。そういったケースで、骨組織の再生を促して骨量を増やす治療法です。

骨の厚みが充分にないと、インプラントの土台の先が骨から出てしまいます。そこに細かく砕いた自家骨や、骨補填材を置いて人工膜で包むことで、骨を再生させて厚みを増やしていきます。ほとんどの場合、施術から半年くらいでインプラントが行えるようになります。

CGF再生療法との併用
顎部分の骨が薄い方に対して、CGF(再生療法)を併用させて行うインプラント治療です。CGF(Concentrated Growth Factors)とは、専用の遠心分離器を使って患者さまから採取した血液を遠心分離させて生成した「フィブリン」と、傷の治療に有効な血小板、成長因子を濃縮させたゲル状のものを指します。

日常で怪我をして出血した時に、血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンが形成され、傷口を塞ぐのと同じ原理です。インプラント治療においては、骨が薄く不足している部分にこのCGFを填入させたり、患部の骨の周辺を膜状にしたもので覆い骨再生を促したりして治療します。

もともとが患者さまご自身の血液から生成させたものであるため、アレルギーや感染のリスクも少なくより安全で身体に負担の少ない治療が望めます。

<治療の流れ>
・施術当日に患者さまから血液を採取(10~40cc程度)します
・専用の遠心分離器により、採取した血液からCGFを作製(15分程度)します
・インプラントの埋入に合わせて患者さまの血液から生成したCGFを填め込みます

【当院で使用するインプラント体】

インプラントストローマン
表面が特殊加工されているので、骨となじみやすくなっています。他メーカーの製品より骨との生着が早いというデータは、海外の学会誌にも発表されました。また、ワンピースインプラントと呼ばれる土台と義歯の支えが一体化したタイプで、義歯ともよく調和するといわれています。

ジンマー
チタンで作られたインプラント土台の表面を、骨と同じ成分が含まれた生体材料でコーティング。骨に埋め込んだ土台が、骨とより強固に結合するような工夫が施されています。

マイティスアロー
土台の表面を一切コーティングしていないので、摩擦などで剥離することがありません。コーティングがなくても、表面をざらざらにする処理を行ってあるので、骨と強固に結合します。またこの表面加工は、周囲の骨が薄いところでも骨を痛めることがありません。

【正確なインプラント治療のために】シムプラント

インプラントインプラントの手術を行う前に、コンピューター上でシミュレーションを行うためのソフトです。インプラント手術を行うときには、事前に土台を埋め込む角度などを細かく計算します。その埋入方向が正しいのか、骨の厚みは充分か、将来的な噛み合わせはどうなるのかといったことが、すべてシミュレーションできます。

また、CT撮影を元にしたリアルな3D画像を画面に映し出せるのも、シムプラントの特徴のひとつ。インプラント手術のイメージトレーニングや、カウンセリングにも重宝しています。

【正確なインプラント治療のために】ピエゾサージェリー

インプラント正確なインプラント手術に欠かせないのがピエゾサージェリーです。超音波振動を利用して、切開する部分の長さや深さを正確にコントロールすることができる最新機器です。ピエゾサージェリーの登場で、神経や血管などを傷つけない安全な手術ができるようになりました。

また、ピエゾサージェリーの機能を利用して、骨の密度を上げることもできます。そのため今までの機器では、骨が薄くてインプラント手術が難しかった患者さまにも、治療ができるようになりました。手術にかかる時間も短くて済むので、患者さまのお体への負担も軽減されます。

【正確なインプラント治療のために】インプラントモーターIM-Ⅱ

インプラントモーターIM-ⅡインプラントモーターIM-Ⅱは、インプラント治療のために開発された高性能マイクロモーターです。ケースに合わせてプログラミング可能なメモリー機能を搭載し、高出力・高トルクに加え、充実した各種制御機能が適切なドリル操作を提供します。ハンドピースは軽量・コンパクトタイプでハンドリングが良く、操作性にすぐれています。

インプラントモーターIM-Ⅱはインプラント治療のさまざまなケースに対応し、治療時間の短縮など、患者さまの負担を軽減します。

当院のインプラント治療の流れ

【1】診断・カウンセリング・治療計画
はじめに問診を行った後、口腔内のCT写真を撮影していただき、その写真を元にカウンセリングをおこないます。インプラントをどこに何本埋め込むかといった治療計画を立てていきます。虫歯や歯周病などがある場合は、事前にその治療も必要です。また診断の結果、骨の再生療法や歯肉の移植を行うこともあります。

次へ

【2】一次手術(インプラントを埋め込む手術)
麻酔をかけて歯肉を切開し、骨にインプラントを埋め込んでいきます。埋め込んだ後は、歯肉を閉じて縫合。インプラントが骨としっかりと結合されるまで、2~6ヵ月の治癒期間が必要になります。

次へ

【3】二次手術(人工歯を付ける準備)
一次手術で埋め込んだインプラントが骨と結合したら、二次手術を行います。歯肉を切開してインプラントの上部を表に出し、義歯を装着するための土台を取り付けます。手術後には、歯ぐきが元に戻るまで1~6週間程度の治癒期間が必要になります。

次へ

【4】人工歯の装着
インプラントの土台に義歯を取り付けます。インプラント治療を行った部分は、天然の歯よりも歯垢などがつきやすくなっているため、メンテナンスが欠かせません。インプラント治療後のトラブルを避けるためにも、定期メンテナンスを受けるようにしてください。


トップへ » 治療について » インプラント



TOPへ