トップへ » 治療について » 総入れ歯

噛みやすさを追求したブレードティースを採用。フィット感も断然アップ。

総入れ歯

食事が美味しく食べられなければ、総入れ歯の魅力は半減してしまいます。どんなものでも楽に噛み切れて、しかも見た目が美しい総入れ歯「ブレードティース」をお薦めします。

総入れ歯でもっとも大切なのは、やはり食事が美味しくできること。いくら見た目が美しくても、硬いものが噛めないといった欠点があれば、入れ歯としては役に立ちません。では、見た目と機能の両方を兼ね備えた総入れ歯とは、どんなものなのでしょうか。

当院の院長は総入れ歯の基本を、独自の理論をもつ寺西歯科の寺西先生から学びました。その結果たどりついたのが、噛みやすさを重視しつつ見た目も美しい「ブレードティース」です。ブレードティースは咀嚼効率を上げるため、そして入れ歯の安定を向上させるために開発された金属製の人口歯です。よくある総入れ歯のがたつきも少なくなっています。

【当院の総入れ歯の特徴】ブレードティース

総入れ歯入れ歯ではどうしても、肉やたくあんといった固さと弾力のあるものが噛み切りにくくなります。そんな食物でも、まな板の上に置いて包丁を使えば、簡単に切ることができます。その原理から生まれたのがブレードティースです。

一般的な入れ歯の人口歯は、上顎も下顎も浅い臼のような平たい状態に作られています。ブレードティースは、上顎の義歯に包丁のような金属部分を、下顎にまな板のような義歯を装着。そのためどんな食べ物でも、簡単に噛み切ることができます。

万が一、誤って舌を噛んでしまったときにも、包丁のように刃が着いているわけではないので安全です。包丁とまな板のような形状になっていることは、見た目からは非常に分かりにくいので、人前でもなにも気にすることなくものが食べられます。

【当院の総入れ歯の特徴】パイロットデンチャーによる調整

総入れ歯通常、総入れ歯を作るときには、まず型を取り、噛み合わせを確認します。そのデータに合わせて製作していくわけですが、何度も調整が必要で、非常に長い時間がかかります。また、そこまでしても、入れ歯が合わないということもあるのです。そのようなトラブルを回避するのが、パイロットデンチャーです。

パイロットデンチャーとは、衰えた顎関節や噛み合わせの不具合などを治すための治療用仮歯のことです。パイロットデンチャーを使ってお口の機能を充分に回復させると同時に、噛み合わせなどを調整。そのパイロットデンチャーで集めたデータや患者さまからの希望を取り入れて本義歯を作るので、完成した総入れ歯は調整の必要がありません。

本歯の前に仮歯を作るというと、時間や手間がかかりそうな印象があります。しかしパイロットデンチャーは、結果としてより短時間で本歯を作ることができ、そのぶん治療費も低く抑えられます。

【当院の総入れ歯の特徴】ゴシックアーチトレーサーのよる正確な噛み合わせ

総入れ歯総入れ歯を作るときは、一般的にワックスで作った器具で上下の噛み合わせの位置を決めます。しかしこの方法だと、どうしても小さなズレが出てきてしまいます。そのごくわずかなズレこそが、入れ歯がフィットしない原因なのです。

ゴシックアーチトレーサーは、上下の歯にセットして歯ぎしりをするように顎を動かすことで、正確な噛み合わせの状態を確認できます。簡単な装置ですが、正しい噛み合わせのデータがとれるだけでなく、顎のズレなども補正。違和感なくフィットする総入れ歯を作ることができます。


トップへ » 治療について » 総入れ歯



TOPへ