トップへ » 治療について » 部分入れ歯

噛み合わせまで考えた、違和感の少ない部分入れ歯を提供。

部分入れ歯

どんな症例でもほとんどカバーできる部分入れ歯を、技工士と綿密に連携をとりながら提供します。

歯が抜けてしまったとき、インプラントやブリッジなどの治療法が考えられます。しかし、お口の中の状態や体質などによっては、インプラントやブリッジでは対応できないこともあります。そんなとき、ほぼすべての症例で使えるのが部分入れ歯です。

部分入れ歯は、ブリッジのように健康な歯を削る必要も、インプラントのように手術が必要なわけでもありません。そのため、比較的気軽に入れることができます。しかし綿密な調整などを行わないと、つけていて違和感や痛みを感じることもあります。

より負担の少ない義歯を作るために
つけていても違和感のない部分入れ歯を作るには、技工士との連携が欠かせません。当院では上下の噛み合わせまでを考えて、技工士と綿密に打ち合わせ。患者さまにフィットする部分入れ歯を作っています。

また、部分入れ歯は周囲の歯にクラスプと呼ばれる止め金を引っかけて固定させます。そのため隣りあった歯に負担をかけてしまうことも。周囲の歯への影響をできるだけ少なくするために、クラスプを長めにするなどの工夫を凝らしています。

【当院のおもな部分入れ歯メニュー】金属床義歯

部分入れ歯入れ歯には大きく分けて2つの種類があります。床と呼ばれる土台の部分を金属で作った金属床義歯と、プラスチックのレジンで作ったレジン床義歯です。それぞれに特徴がありますが、より食事が美味しく味わえるよう、当院では金属床義歯をお薦めしています。

金属床義歯とレジン床義歯の違い
<金属床義歯の特徴>
・丈夫で壊れにくい
・変形やたわみが少ない
・薄いので違和感を覚えにくい
・熱伝導率が良く、食事の温度などがわかりやすい
・臭いがつきにくく衛生的
・レジン床義歯にくらべて高価

<レジン床義歯の特徴>
・落としたときなどに壊れやすい
・変形やたわみが起こることがある
・床が厚くなるので違和感を覚えやすい
・汚れや匂いがつきやすい
・使っている打ちにすり減ってくる
・保険診療で作れるので、安価


トップへ » 治療について » 部分入れ歯



TOPへ