トップへ » 治療について » 症例集

インプラント 30代女性

症例次へ症例

欠損部に歯を作るには、取り外し義歯、セメント合着タイプのブリッジの選択肢があることを説明しました。
装着感の問題や、前後の健全歯を削ることに抵抗があるとの事でインプラントを選択されました。

【治療期間】2ヶ月
【治療費】 診査診断料:5万円
      インプラント埋入:17万円
      上部構造:9万円(セラミッククラウン) 消費税別

インプラント 70代女性

症例次へ症例

左右の奥歯でバランスよく咬めるようにしたいとの事でインプラント治療を希望されました。

【治療期間】2ヶ月
【治療費】 診査診断料:5万円
      インプラント埋入: 17万円×2
      上部構造: 7万円×2 消費税別

歯周病治療 60代女性

症例次へ症例

保険治療を希望されておりました。
歯周病治療を行い、比較的に歯の状態の良かった上顎には、セメント合着タイプのブリッジを、
ブリッジが不可能な欠損部には、部分入れ歯を入れました。噛めるようになったと喜んでいただきました。

【治療期間】約1年
【治療費】保険治療

ホワイトニング 50代女性

症例次へ症例

歯の清掃後、歯を白くしたいという希望でホワイトニングを行いました。
自宅で行う、ホームブリーチングを選択しました。

【治療期間】2週間
【治療費】初回3万円(上下前歯が対象)
     2回目以降 1万円(後戻りした場合、マウストレーも含む) 消費税別

ホワイトニング 40代女性

症例次へ症例

歯の清掃後も、黄ばみが気になり歯を白くしたいとのことで、ホワイトニングをしました。
自宅で行う、ホームブリーチングを選択しました。

【治療期間】2週間
【治療費】初回3万円(上下前歯が対象)
     2回目移行 1万円(後戻りした場合、マウストレーも含む) 消費税別

ノンクラスプ義歯 50代女性

症例次へ症例

左上前歯部の入れ歯の針金が見えて困るとのことで、針金が見えないタイプの義歯を希望されました。針金がなくなったことで大きな口を開けることができ満足のようです。

【治療期間】2週間
【治療費】10万円

金属床義歯 60代女性

症例症例

使っている義歯の安定感、装着感が悪く、奥歯でよく咬めない為義歯の作り直しを希望されました。
右上456、左上567、左右合計6歯欠損しており、治療の選択肢として部分入れ歯(保険内でできるもの、保険外)やインプラントがあることを説明させていただきました。その中で部分入れ歯を選択され、装着感、安定感があるものをということで保険外の金属床義歯になりました。
治療後9年半経過し、定期健診に来られた時の口腔内の状態です。適合、安定感も良好です。

【治療期間】2か月
【治療費】25万円

セラミッククラウン5本 60代女性

症例次へ症例

前歯が審美的に気になるとのことで治療を希望されました。
歯の色が変色している事。歯並びにも若干の問題がある事。そして、歯を白くしたいとの本人の希望もあり、歯周治療、齲蝕処置終了後右上の側切歯から左上犬歯まで5本セラミッククラウンを被せたケースです。

【治療期間】約2か月
【治療費】セラミッククラウン:7万円×5本

インプラント埋入 60代女性

症例次へ症例

奥歯で食べにくいとのことで治療希望されました。
セメントで合着させるブリッジや取り外し可能な入れ歯の説明もさせていただきましたが、歯を削ったり、装着感、日常の清掃などを考慮しインプラントを希望されました。
左下7番部に1本インプラント埋入。2か月後に上部構造セットしました。

【治療期間】2か月
【治療費】診査診断料:5万円(CT撮影費含まず)
     インプラント埋入:17万円
     上部構造(金属):7万円

インプラント2本埋入 60代女性

症例次へ症例

部分入れ歯を使用していたが異物感があり、食べ物が良く咬めないとのことでインプラントを希望されました。
2本インプラント埋入。4か月後に印象採得を行い、4ヶ月半後に上部構造セット。

【治療費】診査診断料:5万円(CT撮影費含まず)
     インプラント埋入:17万円×2
     上部構造(セラミック):9万円×2

インプラント8本埋入 60代女性

症例症例

症例上顎に総義歯を入れていたが食べ物が良く咬めない、話しにくいとのことでインプラントを希望されました。

セメントで合着するタイプの歯を希望されたため、8本インプラント埋入を行い、3か月ごとのメインテナンスに来られた時の写真です。5年以上経過していますが、歯肉の状態も良好で、美味しく食事も食べられるとの事です。

インプラント 遊離歯肉移植

症例症例

左下567部インプラント埋入後、清掃性やインプラント周囲炎の予防を考慮し遊離歯肉移植を行ったケース。


トップへ » 治療について » 症例集



TOPへ