«  2019年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 定期検診での口腔ケア【北上尾 の歯科 歯医者なら沼尻歯科医院】 | メイン | 夏の思い出【北上尾の歯科 歯医者なら沼尻歯科医院】 »

2019年8月18日

私たちの口の中には300種類以上の細菌がいます。

細菌は虫歯を作ったり歯周病をを起こしたりするとともに、全身の病気にかかわっています。
歯周病は早産や低体重児出産を起こすことがあります。
その他に細菌が直接的・間接的に関係する病気には、肺炎・敗血症・心筋炎・動脈硬化・
糖尿病・皮膚炎・大腸炎・肝炎・リウマチ関節炎などもあります。


細菌から体を守るプラークコントロール

【 肺の病気 】

口から気管を通って肺に入り込んだ細菌が肺炎を引き起こすことがあります。
私たちの体は、食物を飲み込むときに気管にふたをし気管や肺への異物が入るのを防ぐ
仕組みになっておいり、この反射が低下するお年寄りに多く起こります。

【 心臓の病気 】

口の中の細菌が血管を通って心臓の内膜に住み着き炎症を起こす事があります。
心臓の弁に障害がある、人工弁を入れているなど、血液の流れがスムーズでない人に
多く起こります。

【 糖尿病 】

口の中の細菌が原因で作られた物質が糖尿病に影響を与えます。
血液中に流れ込んだ細菌はTNF-αという物質作り、インシュリンが血糖中の糖の濃度
をコントロールする働きを阻害します。

【 血管系の病気 】

動脈硬化症や冠動脈疾患などの原因の一つは口の中の細菌です。
血液中に入り込んだ歯周病原菌が血管壁に感染すると、防御反応により作られた
メディエーターが動脈壁の硬化を起こします。また、歯周病原菌の作用で血小板が
塊となり心冠動脈につまることもあります。

*口腔内を清潔に保つことが全身の健康を守る事につながります。
 とくに睡眠中は唾液が出にくくなり、細菌が繁殖しやすい環境になるので寝る前の
 歯磨きはとても大切です。正しいブラッシングを身に着け日ごろから自分で予防する
 ことを心がけましょう。


image.png

沼尻歯科医院

上尾市・北上尾の歯医者・歯科・インプラント・入れ歯

http://www.numajiri-shika.jp/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.numajiri-shika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/592

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

沼尻歯科医院 院長 沼尻克美
医療法人社団経世会
沼尻歯科医院
http://www.numajiri-shika.jp/
院長 沼尻克美

【略歴】
1990年 明海大学歯学部卒業
1990年 国際デンタルアカデミー入学
1991年 芝園パールデンタルクリニック勤務
1993年 関根歯科医院勤務 (インプラント勉強の為)
1996年 沼尻歯科医院開業
1999年 医療法人経世会設立

【認定・学会】
日本歯科医師会会員
日本口腔インプラント学会会員
国際デンタルアカデミー デンティスト12か月コース修了
寺西歯科医院(赤坂)部分床義歯、総義歯コース修了
寺西歯科医院(赤坂)インプラントベーシック、アドバンスコース修了
明海大学 学術研修会歯周病学講座6か月コース修了
ITIインプラントメンバー
オーラルフィジシャン(OP)セミナー(39期)修了
JIADSエンドコース(28期)修了
JIADSペリオコース(115期)修了
JIADS補綴コース(41期)修了
5-Dデンチャーコース(3期)修了
その他毎年数多くの学会、臨床研修に参加