«  2020年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年3月29日

歯周病は、プラーク(歯周病原細菌)によって発症する感染性炎症性疾患です。
プラークが初発因子となり、様々な増悪因子によって進行が助長されます。
細菌因子に加え、環境因子、宿主因子さらに咬合因子などのリスクファクターが
考えられます。
歯周病予防の大原則は、プラークコントロールであることは言うまでもありません。

今回は環境因子、その中でもストレスについてです。
 
ストレスが誘導する精神緊張状態は、全身の免疫応答に影響を与え、歯周病を悪化させる可能性があります。また、職場環境、家庭環境の変化により著しいストレスを受けることで
プラークコントロールが疎かになったり、歯ぎしりやくいしばりなどのパラファンクションを誘発させ咬合性外傷(噛み合わせすることにより、歯周組織に破壊的に有害な力がかかること)により歯周病が進行することがあります。

日頃から適度な運動を取り入れるなど自分なりのストレス解消法を身につけることが
お口の健康だけでなく体の健康にとっても重要です。

沼尻歯科医院

上尾市・北上尾の歯医者・歯科・インプラント・入れ歯

http://www.numajiri-shika.jp/

2020年3月11日

こんにちは。
ここ最近、新型コロナウイルスについてのニュースが絶えません。
現在までに発表されていることを少し見ていきたいと思います。

内閣官房から以下のようなメッセージが発表されています。

○国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

○次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

○センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

○なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。


以上のようなことです。


帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗うことや、
くしゃみや咳が出るときに、ティッシュ等で口と鼻を覆ったり、マスクを正しく着用するといった対策が重要になってきます。

今後もまだ警戒が必要と思われますので、体調管理をしっかりとして、元気に過ごしていきましょう!

kansen_yoko_page-0001-2.jpg


沼尻歯科医院

上尾市・北上尾の歯医者・歯科・インプラント・入れ歯

http://www.numajiri-shika.jp/

« 2019年11月 | メイン | 2020年4月 »

Categories

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

沼尻歯科医院 院長 沼尻克美
医療法人社団経世会
沼尻歯科医院
http://www.numajiri-shika.jp/
院長 沼尻克美

【略歴】
1990年 明海大学歯学部卒業
1990年 国際デンタルアカデミー入学
1991年 芝園パールデンタルクリニック勤務
1993年 関根歯科医院勤務 (インプラント勉強の為)
1996年 沼尻歯科医院開業
1999年 医療法人経世会設立

【認定・学会】
日本歯科医師会会員
日本口腔インプラント学会会員
国際デンタルアカデミー デンティスト12か月コース修了
寺西歯科医院(赤坂)部分床義歯、総義歯コース修了
寺西歯科医院(赤坂)インプラントベーシック、アドバンスコース修了
明海大学 学術研修会歯周病学講座6か月コース修了
ITIインプラントメンバー
オーラルフィジシャン(OP)セミナー(39期)修了
JIADSエンドコース(28期)修了
JIADSペリオコース(115期)修了
JIADS補綴コース(41期)修了
5-Dデンチャーコース(3期)修了
その他毎年数多くの学会、臨床研修に参加