トップへ » 治療について » 予防歯科 » 歯は治療すればするほど悪くなります

歯は治療すればするほど悪くなります

予防歯科虫歯の治療では、悪くなってしまった部分を削り取ります。そして、削られた部分の歯は、残念ながら二度と再生することはありません。つまり、治療を受ければ受けるほど、歯はダメージを負ってしまうのです。

当院では削る部分を必要最小限に抑えてはいますが、それでも治療のたびに少しずつ歯はなくなっていくことに変わりはありません。治療を必要としない状態でいるためには、やはり定期健診など歯科医院でのメンテナンスが重要です。

一生、美味しいものを美味しく食べるためにも、予防を重視していただきたいと思っています。


トップへ » 治療について » 予防歯科 » 歯は治療すればするほど悪くなります



TOPへ