歯科一般-上尾市・北上尾の歯科・歯医者なら沼尻歯科医院 | 予防歯科・虫歯・インプラント・入れ歯

診療時間 / 月火水木金土 9:00-13:00 / 15:00-19:00
※土曜15:00-17:00
休診日 / 日曜・祝日

診療時間 / 月火水木金土 9:00-13:00 / 15:00-19:00
※土曜15:00-17:00
休診日 / 日曜・祝日

歯科一般

麻酔も治療も「痛くない」を心がけています

「歯医者が苦手」という人でもストレスなく治療を受けていただけるよう、さまざまな技術を使って治療を行っています。

「歯医者の治療は痛いもの」と思っていらっしゃる方は多いはず。そんな苦手イメージをできるだけ感じさせないために、当院では痛みに配慮した治療を行っています。

当院では、まず表面麻酔で歯茎の表面を麻痺させてから、麻酔注射を行うようにしています。注射自体は痛みが軽減できる細い針を使用。それでも痛みやストレスを感じる方には、不安を取り除く目的で笑気麻酔を使っています。

【当院の痛みに配慮した治療の特徴】表面麻酔

麻酔注射は痛みを減らすためにするものです。しかし、麻酔注射の針も、刺すときはやはり痛みがあります。そんな注射針の痛みを和らげるのが表面麻酔です。

表面麻酔は、薬剤を歯茎に吹き付けたり塗ることで、注射をする時の痛みを和らげてくれます。まず表面麻酔をしてから、効くのを待っていよいよ麻酔注射をします。

【当院の痛みに配慮した治療の特徴】33ゲージの細い針

歯科医院で麻酔に使う注射針は、27ゲージと呼ばれる太さのものが一般的です。しかし、当院では極細な針を使用して痛みをできるだけ軽減します。また、あらかじめ麻酔液を温めておくことで、麻酔液が入ってくるときの違和感を覚えさせないようにしています。

【当院の痛みに配慮した治療の特徴】笑気麻酔

笑気麻酔は、医療用のガスを使った麻酔です。麻酔効果はそれほど高くありませんが、治療からくる不安を軽減する特徴があります。より痛みを軽減させるために、補助麻酔薬として使っています。

カウンセリングで緊張をほぐし、リラックス

「歯医者が苦手」という方はもちろんのこと、歯の治療はほとんどの方が緊張するのではないでしょうか。

できるだけリラックスできるよう、事前にカウンセリングを行います。どんな治療をするのか理解することで、少しでも緊張をほぐしていただけたらと考えています。

また、意識が治療に集中してしまうと余計に痛みを感じやすいものです。緊張している方には、ドクターをはじめ院内スタッフが積極的に話しかけるようにしています。少しでもリラックスして治療を受けていただけるよう、スタッフが一丸となって取り組んでいます。

炭酸ガスレーザーを使用

レーザー光線というとSF映画を連想する方がいるかもしれませんが、レーザーは医療現場でも多く使われています。当院で採用している炭酸ガスレーザーは、レーザー光線のなかでも中出力のもの。痛みが抑えられ、電気メスの傷よりも治りが早い特徴があります。

炭酸ガスレーザーは外科的処置だけでなく、さまざまな目的に使われています。根管内部の除菌に使用したり、遠赤外線効果で血行を促進させ傷の治りを早めるなど、炭酸ガスレーザーの効果を利用しています。

虫歯のメカニズムと治療法

虫歯は進行状態によりCO~C4まで5段階に区分されています。各段階ごとに治療方法に違いがあります。

●CO(シーオー:初期う蝕・要観察歯)

歯の表面だけが溶かされたごく初期の虫歯状態で、穴は開いていません。フッ素とキシリトールで石灰化を促して治療します。

●C1(エナメル質う蝕)

歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態です。痛みは感じませんが、このまま放置すると症状がどんどん進行します。菌に浸蝕された部分を削って、充填剤を詰める治療を行います。

●C2(象牙質う蝕)

虫歯の菌が、エナメル質の下にある象牙質まで達した状態です。痛みを感じませんが、食べ物や飲み物が時々しみることがあります。菌に浸蝕された部分を削って、歯の型を取って作った冠を被せる治療を行います。当院ではこの段階から麻酔を使って治療しています。

●C3(神経まで達したう蝕)

虫歯が歯の根管を通っている神経まで達した状態です。痛みを感じるだけでなく、歯髄炎や歯根膜炎を起こしているケースがあります。麻酔をしてから歯を大きく深く削り、歯の型を取って作った冠を被せる治療を行います。場合によっては、神経を抜き取らなければなりません。

●C4(残根状態)

すでに歯の根しか残っていない状態です。神経が死んでいるので痛みはそれほどありません。しかし、放置すると根の先に膿が溜まったり、歯肉が腫れて痛みが出るようになり、更に放置すると抜歯になることがあります。虫歯菌が血管を通って心臓や腎臓にトラブルを引き起こすケースもあります。ほとんどの場合、残念ながら抜歯するしかありません。