トップへ » 治療について » 総入れ歯 » 【当院の総入れ歯の特徴】パイロットデンチャーによる調整

【当院の総入れ歯の特徴】パイロットデンチャーによる調整

総入れ歯通常、総入れ歯を作るときには、まず型を取り、噛み合わせを確認します。そのデータに合わせて製作していくわけですが、何度も調整が必要で、非常に長い時間がかかります。また、そこまでしても、入れ歯が合わないということもあるのです。そのようなトラブルを回避するのが、パイロットデンチャーです。

パイロットデンチャーとは、衰えた顎関節や噛み合わせの不具合などを治すための治療用仮歯のことです。パイロットデンチャーを使ってお口の機能を充分に回復させると同時に、噛み合わせなどを調整。そのパイロットデンチャーで集めたデータや患者さまからの希望を取り入れて本義歯を作るので、完成した総入れ歯は調整の必要がありません。

本歯の前に仮歯を作るというと、時間や手間がかかりそうな印象があります。しかしパイロットデンチャーは、結果としてより短時間で本歯を作ることができ、そのぶん治療費も低く抑えられます。


トップへ » 治療について » 総入れ歯 » 【当院の総入れ歯の特徴】パイロットデンチャーによる調整



TOPへ